初めまして

整体院 祐 代表の藤村です。

埼玉県和光市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院として、筋膜施術・内臓施術・骨盤矯正施術・頭蓋仙骨療法・体質改善などあらゆる施術を駆使してどこに行ってもよくならなかった腰の痛みをお持ちのお客様を笑顔にしております。

 

今日はぎっくり腰についたかいていこうと思います。

皆さんはぎっくり腰はなぜおこってしまうと思いますか?

一般的には急性の腰痛と思われています。足首の捻挫が腰で起きてしまった状態ですね。

しかし、あなたのぎっくり腰は実は急性のものではなく慢性のものである可能性があります。

今まで腰痛の原因は腰以外の部位の筋膜が硬くなって起こる可能性が非常に高いという事実をお伝えさせていただきましたが、実はぎっくり腰はこの腰以外の全身の筋膜が硬くなってしまった状態で起こってしまいます!!

そのためぎっくり腰になってしまった方は本当に腰の捻挫であるか見分ける必要があります。痺れなどばバンバンでているような神経症状のある方はヘルニアや狭窄症が急性増悪した可能性があるため筋膜が硬くなったためではないかもしれませんが、純粋に腰に激痛が走った方はこの全身の筋膜が硬くなって起こってしまった可能性があります。

よく、ぎっくり腰の時は急性の炎症が起こっているので、温めない方がよいとされていますが、もし全身の筋膜が硬くなってしまったことが原因であればむしろ全身を温めた方が楽になります。

この全身の筋膜が硬くなってしまったことが原因か自分で見分ける方法を腰を痛める前に精神的にも肉体的にもストレスや疲れが溜まっていなかったか思い浮かべていただきたいと思います。

例えば残業が続いていて、睡眠時間が少なかった。重いものを持つ機会が増えたなどです。

全身の筋膜が硬くなってしまうのは日々の疲れの蓄積によって生み出されるのです。

もし、ぎっくり腰になられた方はしっかりと急性のものか慢性のものか見分けてくれる専門家にかかるといいでしょう。

過去にぎっくり腰になられた経験のある方は適度な有酸素運動(ウォーキングなど)やしっかりとした睡眠、腰に負担のかかりにくい生活(長時間同じ姿勢でいない、重いものを持ちすぎないなど)を心がけた方がいいです!

最後までお読みいただきありがとうございました^ ^