ギックリ腰の知られざる真実【埼玉-和光-腰の痛み施術-骨盤矯正-整体院 祐】

初めまして

整体院 祐 代表の藤村です。

埼玉県和光市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院として、筋膜施術・内臓施術・骨盤矯正施術・頭蓋仙骨療法・体質改善などあらゆる施術を駆使してどこに行ってもよくならなかった腰の痛みをお持ちのお客様を笑顔にしております。

 

本日はギックリ腰についてかいていこうと思います。

ギックリ腰は急性腰痛症といわれ突然腰部に激痛が走る疾患になります。
(欧米では魔女の一撃ともいわれているそうです)

原因は様々で、腰の関節(椎間関節)の捻挫、仙腸関節の捻挫、筋の炎症、ヘルニアの急性増悪などが挙げられます。

痛みの強さの割に予後は悪くなく、90%のギックリ腰の人は2週間〜1ヶ月程度で回復するといわれています。
ギックリ腰になった直後は患部を冷やし、回復するまでは安静、湿布、鎮痛剤が一般的です。

これが一般的な考えになります。

しかし、私はギックリ腰は急性ではなく慢性の腰痛と考えています。
筋膜は全身を包み込んでいる膜なので、腰が痛くなる原因は足や肩、首、腕にも原因があります。

腰回りだけでなく、首や肩・腕がカチカチに固まってしまって、動いた時に腰だけしか動かせず、結果腰に過度な負担がかかってしまい、ギックリ腰となることが多々あります!

ですのでギックリ腰と診断されても、首や腕、お尻、お腹などの筋肉を調整してギックリ腰をその場で軽減することはよくあります。

このような慢性のギックリ腰の場合は冷やすのではなく反対に温めた方が症状が改善されていきます!

もしご自身のギックリ腰が急性のものかあるいは、慢性のものなのか判断したい場合はぜひ当院にお越しいただければと思います。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました^ ^

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です