その症状本当に坐骨神経痛ですか?【埼玉-和光-腰の痛み施術-骨盤矯正-整体院 祐】

初めまして

整体院 祐 代表の藤村です。

埼玉県和光市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院として、筋膜施術・内臓施術・骨盤矯正施術・頭蓋仙骨療法・体質改善などあらゆる施術を駆使してどこに行ってもよくならなかった腰の痛みをお持ちのお客様を笑顔にしております。

 

本日は坐骨神経痛についてかいていこうと思います。

坐骨神経痛は疾患の名前ではなく、
坐骨神経の圧迫、梨状筋症候群、腰部脊柱管狭窄症、ヘルニアやすべり症などが原因で坐骨神経が刺激されて生じる神経痛のことをいいます。

坐骨神経の走行に沿って臀部、大腿後面、下腿後面、外側まで放散する痛みや感覚異常などが生じます。

治療は内服や坐薬、痛みがひどい場合はブロック注射などが行われ、それでも改善しない場合は手術が適応されることもあります。

坐骨神経痛の最も多い原因はヘルニアですが、
私の経験的に、梨状筋や大腿方形筋などの深いお尻の筋肉が硬くなっていることが原因のことが多い印象です。
また下腿が痺れている場合は太ももの後ろの筋肉(ハムストリングス)とふくらはぎの筋肉(腓腹筋)が重なる部位が硬くなっていることが原因であることも多い印象です。

坐骨神経の直上・直下に梨状筋や大腿方形筋が位置していて、
坐骨神経の延長にある総腓骨神経はハムストリングスと腓腹筋が交差部を通ります。z

もしこれらの筋肉が硬くなると神経を圧迫し坐骨神経痛が生じます。

そのため、これらの筋肉を柔らかくすれば当然坐骨神経は改善します!

もし薬や注射で改善されず、手術しかないとお医者さんから言われた方はぜひ一度みさせていただければと思います。

それでは最後までブログをお読みいただきありがとうございました^ ^

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です