初めまして!

整体院 祐 代表の藤村です。

埼玉県和光市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院として、筋膜・内臓の施術・骨盤矯正・頭蓋仙骨療法・体質改善などあらゆる施術を駆使してどこに行ってもよくならなかった腰の痛みをお持ちのお客様を笑顔にしております。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は人体のなかでもっとも太く、長い抹消神経で腰のあたりから爪先まで伸びています。この原因は様々であり、圧迫されるなどの刺激を受けると、腰や臀部(お尻)、太もも、ふくらはぎや足先などに、鋭く電気が走ったような痛みやピリピリとした痺れ、強く張っているような症状が生じます。

坐骨神経痛の原因

・坐骨神経の圧迫

・脊椎神経根の圧迫

・変形性腰椎症

・梨状筋症候群

・腰部脊柱管狭窄症

・椎間板ヘルニア

原因は様々ですが、最も多い原因は腰椎椎間板ヘルニアであり、約90%の坐骨神経痛はこれが原因とされています。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経の走行に沿い、一側の大腿後面から足まで放散する痛みが特徴的であります。

・ピリピリとした痛み

・強く突っ張っているような症状

その他に下肢の冷えなどによる血流が滞ることでも引き起こされますが、その日の健康状態や体調によっても痛さや箇所が変わることもあります。

ラセーグ徴候

ラセーグ徴候とは、坐骨神経痛の鑑別に用いられる検査で、神経診断学における神経根症状をみるための検査であります。下肢を挙上して臀部(お尻)~太ももの裏に痺れが出れば陽性となります。

坐骨神経痛の治療方法

・薬物療法

・神経ブロック療法

・理学療法(リハビリ)

・認知行動療法

・脊髄(脳)刺激療法

が大まかにあり、保存療法で改善が見られない場合は、外科的療法(手術)が適応される場合があります。

予防・改善

坐骨神経痛は生活習慣を見直すことで予防・改善につながる場合は多いです。

臨床では『梨状筋症候群』といった原因の場合が多いので、

『梨状筋』に対するストレッチをお伝えしたいと思います。

梨状筋ストレッチ

 

【方法】

1.椅子に腰かけて右足を右膝の上に乗せる

2.背筋は伸ばしたまま胸を前に突き出しながら右膝を下に押していく

3.お尻が伸ばされていることを感じたら、そのまま20~30秒程キープする

【注意点】

胸を前に突き出す際は、腰が曲がって背中が丸まってしまわないように注意してください。

まとめ

ここまで坐骨神経痛の原因や症状、治療方法や予防、ストレッチなどをお伝えさせて頂きましたが、いかがだったでしょうか?

和光市 整体院 祐では、原因を一つ一つ紐解き、お客様に見合った予防方法やご自宅でできるセルフケアもお伝えさせて頂いております。

是非、一度、整体院 祐へお越しください!