初めまして!

整体院 祐 代表の藤村です。

埼玉県和光市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院として、筋膜・内臓の施術・骨盤矯正・頭蓋仙骨療法・体質改善などあらゆる施術を駆使してどこに行ってもよくならなかった腰の痛みをお持ちのお客様を笑顔にしております。

本日は腰が痛くて反れない方に多い原因についてかいていこうと思います。

人は体を反るとき腰だけでなく首も肩甲骨も胸も腰も股関節も膝も足首も動いています。

もし、ある一つの関節の動きが悪くなると代償して他の動ける関節が過剰に動こうとします。

もし過剰に動こうとする関節が腰のとき、腰に負担がかかりやすくなるため痛みが発生しやすくなってしまいます!

特にどの関節の動きが悪くなると腰の動きが過剰になるかというと

首と股関節です!

首の動きは特に以下の筋肉が硬くなると動きが悪くなります。

後頭下筋、板状筋、広背筋、小円筋、小胸筋、斜角筋

股関節の動きは特に以下の筋肉が硬くなると動きが悪くなります。

大腰筋、腸骨筋、臀筋

これらのどの筋肉が腰を反った時の痛みの原因になっているか見分けるためには実際に腰を反ったときに動きにくそうなところを探します。

例えば、腰を反る際、最初に頭が後ろに倒れる(首を反る)動きから始まります。もし首を反らずに腰を反っていた場合その方の腰痛の原因は首にある可能性が非常に高いです。

また、腰を反る際、骨盤がほとんど動かない方もいらっしゃいます。そういった方は股関節に腰痛の原因がある可能性が非常に高いです。

このように実際に腰を反った時に動いていないところから腰痛の原因を探すことができます。

 

それ以外にも腰痛の原因を探す方法があります。

その方法とは、腰痛の原因になっていると思われる筋肉を押しながら腰を反ってみることです。

筋肉を押しながら腰を反ることで、筋肉が動きやすい状態を押している時だけつくることができます。

そのため筋肉を押しながら腰を反った時筋肉を押されている方が楽な場合はその押している筋肉が腰痛の原因になっている可能性が非常に高いです。

 

もしご自身の腰痛の原因を把握したい場合は動きの中から、もしくは筋肉を押すことで原因を絞り込むことができます。
当院ではお客様の腰痛の原因と的確にみつけることができますので、もしご自身の腰痛の原因を知りたい方はぜひ当院へお越しください!

それでは最後までお読み頂きありがとうございました^ ^