初めまして!

整体院 祐 代表の藤村です。

埼玉県和光市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院として、筋膜・内臓の施術・骨盤矯正・頭蓋仙骨療法・体質改善などあらゆる施術を駆使して腰痛を改善に導くだけでなく、腰痛の出ない身体をつくることをポリシーとして腰痛治療に特化した整体をしております。また、腰痛だけでなく首・肩こりなどの症状も得意としております。

本日は実際のお客様の腰痛の原因についてかいていこうと思います。
このお客様は2週間くらい前にぎっくり腰になってしまってから腰痛がなかなか改善しないということで当院にお越しになられました。

当院に来られた時は少し前に屈むだけで腰の真ん中に痛みがありました。
痛がり方や動きをみた感じ軽いぎっくり腰のようだったので、いつも通りぎっくり腰に対する腰痛治療を行ったところ、
臀筋、大腰筋、僧帽筋上部、後頭下筋の治療で横向き、仰向き、寝返り、起き上がり、座位での腰痛は改善しました。

しかし、前に屈む時の腰痛はまだ残っていました。

お客様に腰痛以外の症状はないか再度確認すると、肩こりは自覚的にはないけどマッサージ屋さんでマッサージしてもらう時に肩がものすごく凝っているといわれるとのことでした。

そこである筋肉を治療したところ

ドンピシャリ

前に屈む時の腰痛が改善しました。

どの筋肉がお客様の腰痛の原因になっていたかというと

小円筋」でした。

小円筋は肩甲骨の外側の下角という部位から上腕骨の大結節という部位に付着する小さな筋肉です。

肩の筋肉が腰痛の原因なの??

と思った方も多いと思いますが、

実は小円筋が腰痛の原因になっている方は多くはないですが結構いらっしゃいます。
(ちなみに僕の奥さんも腰痛になる時は小円筋が原因です笑)

小円筋という筋肉は小さいのですが、首や肩甲骨周り筋肉やお尻の筋肉と筋膜という膜でつながっています。
特に小円筋は首の動きに非常に深く関わっています。

首の動きが悪くなると腰が過剰に動きやすくなるため、その首の動きと密接な関係にある小円筋も腰痛の原因になりうるわけです。

特に、肩こりをお持ちの方は小円筋が前に屈む時の腰痛の原因になっている方は結構いらっしゃいます。

もしどこに行っても改善されない腰痛をお持ちの方で、もしかすると小円筋が腰痛の原因かどうか気になる方はぜひ当院にお越しください(^ ^)

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^ ^