産後の腰痛の原因は?【埼玉-和光-腰の痛み施術-骨盤矯正-整体院 祐】

初めまして!

整体院 祐 代表の藤村です。

埼玉県和光市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院として、筋膜・内臓の施術・骨盤矯正・頭蓋仙骨療法・体質改善などあらゆる施術を駆使して腰痛を改善に導くだけでなく、腰痛の出ない身体をつくることをポリシーとして腰痛治療に特化した整体をしております。また、腰痛だけでなく首・肩こりなどの症状も得意としております。

本日は産後腰痛の原因についてかいていこうと思います。

産後骨盤がずれたから腰痛になったと思われている方が非常に多い気がします。

確かに骨盤の歪みも原因の一つになりますが、それよりも産後の腰痛の原因になりやすいのは授乳や抱っこなどの機会が増えたために体への負担が多くなったことが原因のことが非常に多い気がします。

特に子供を抱っこする機会が増えた方の腰痛はある筋肉が原因になっていることが非常に多い気がします。

その筋肉とはズバリ

「中臀筋」です。

中臀筋は、お尻の筋肉の中でも後ろではなく横についている筋肉で、直立で立っている時や歩く時、走るときなど体重がかかる時に、骨盤がグラつかないよう安定させる筋肉になります。

子供の抱っこが増えることによって自分の体重+子供の体重を支える必要が出てくるため骨盤にかかる負荷が増えた結果、中臀筋に過度な負担がかかるようになります。

中臀筋は腰の筋肉と筋膜での繋がりが強いため、中臀筋が硬くなってしまうと筋膜を介して腰を硬くしてしまいます。
この状態が慢性的に続くと腰回りが血流不足になり発痛物質が出やすい状態となり腰痛が出現します。

また、産後は子供中心となってしまうため自身の体のケアをする時間も少なくなっていることで余計中臀筋を硬くしてしまいます。

今回はそんな産後の腰痛をお持ちの方に寝ながらできる簡単な中臀筋のストレッチをお伝えしたいと思います。

中臀筋ストレッチ
※右の中臀筋を伸ばす場合

①仰向けに寝る

②右膝を90度に曲げた状態で左側に倒す
※この時右の骨盤が右足につられて浮かないように注意する

③左手でさらに右足を左側に倒す
※この時も右の骨盤が右足につられて浮かないように注意する

④お尻の横に伸長感が感じられれば、その位置で20秒キープする

⑤①〜④を2〜3回行う

以上が中臀筋のストレッチになります。

④の時点で伸長感が得られない場合はストレッチしたい側の骨盤が浮いてしまっている可能性が高いので注意しましょう。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました^ ^

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です