初めまして!

整体院 祐 代表の藤村です。

埼玉県和光市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院として、筋膜・内臓の施術・骨盤矯正・頭蓋仙骨療法・体質改善などあらゆる施術を駆使して腰痛を改善に導くだけでなく、腰痛の出ない身体をつくることをポリシーとして腰痛治療に特化した整体をしております。また、腰痛だけでなく首・肩こりなどの症状も得意としております。

本日はデスクワークをされている方に多い腕が重だるいという訴えについてかいていこうと思います。

そもそもなぜ腕が重くなってしまうのでしょうか?

そのヒントが「筋膜」にあります。

筋膜とはその名前の通り、筋肉を覆っている膜になりますが、この筋膜は筋肉ごとに分かれているわけではなく、一つの膜で全身をパックしているような構造になっています。

ここで考えていただきたいことがあります。

長袖を着た状態で手を万歳するイメージをしてみてください。

長袖の袖が手首よりも肘側に下がるイメージはつきますか?

もしこの長袖の袖が手首の辺りでがっちり抑えられた状態で手を上げてみた時はどうでしょう?
抑えられてない時と比べると手が上げにくくなるイメージができますか?

実はこの手を上げた時の長袖と筋膜は全く同じ考え方ができます。

肘から先の手や前腕の筋肉が硬くなってしまうと、筋膜の動きが妨げられてしまうため、腕を上げた時にスムーズに筋膜が動かず手が重く感じます。

手の重さを感じる時特に硬くなりやすい筋肉が、
「前腕屈筋群」


「前腕伸筋群」


「腕橈骨筋」


といわれる筋肉群・筋肉になります。

これらの筋肉は指や手首を動かす時に酷使される筋肉で、
特に主婦は料理や洗濯、掃除など物を握ったりする機会が多いためこれらの筋肉が非常に硬くなりやすいです。
また、デスクワークでパソコン作業が多い方は
手首を上にあげたまま、指を使うタイピング動作を長時間繰り返すことで前腕伸筋群が屈筋群がものすごく硬くなりやすいです。

このように手を酷使しており、腕が重く感じている方は日頃から以下のケアを行っていただければと思います。

前腕の筋肉はストレッチなどありますが、僕はテニスボールを使ったケアをオススメしています。

【前腕の筋肉ケア方法】
※右の前腕をケアする場合

①右手を掌を下にして太ももか机の上に置く

②テニスボールを前腕の上で転がす。約10往復
※骨にボールを押し当てるイメージで少し強めに押し付けながら転がす。

③今度は右手の掌を上にして太ももが机の上に置く

④②と同じように、テニスボールを転がす。

それでは最後までお読み頂きありがとうございました^ ^