初めまして!

整体院 祐 代表の藤村です。

埼玉県和光市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院として、筋膜・内臓の施術・骨盤矯正・頭蓋仙骨療法・体質改善などあらゆる施術を駆使して腰痛を改善に導くだけでなく、腰痛の出ない身体をつくることをポリシーとして腰痛治療に特化した整体をしております。また、腰痛だけでなく首・肩こりなどの症状も得意としております。

本日は腰痛ではなくお尻の痛みを訴える方が最近多いため、お尻が痛い方の意外な原因についてかいていこうと思います。

皆さんはトリガーポイントという言葉をご存知でしょうか?

トリガーポイントとは圧迫などの刺激によって刺激を与えたところではない、その部位と関連した領域に関連痛を引き起こす体表上の部位のことをいいます。

お尻の痛みを訴える方はお尻に痛みの原因があるのではなく、

ある筋肉のトリガーポイントになりやすいです。

その筋肉とは

ズバリ「腰方形筋」です。

腰方形筋は、腰骨から骨盤に付着している最も深部にある腰の筋肉です。
主な作用としては骨盤を引き上げたり、腰を安定させる働きがあります。

筋膜では大腰筋などの体の深部を通る筋肉や中臀筋など骨盤を安定させる筋肉と繋がりが深いため非常に酷使され硬くなりやすい筋肉です。

この腰方形筋が硬くなると関連痛がお尻に出てきます。

お尻の痛みは腰方形筋がトリガーポイントになりやすいため、お尻が痛いからといってお尻のマッサージやストレッチをやっても一向に改善されません。

もしご自身のお尻の痛みが腰方形筋からきているか知りたい方は、腰を強く押してみてください。

もしこの黄色丸の部位を強く押してみてお尻の痛みが軽減する場合は腰方形筋がお尻の痛みの原因になっている可能性が非常に高いです。

腰方形筋がお尻の痛みの原因になっていた場合のセルフケアをご紹介したいと思います。

【腰方形筋セルフケア】
※右の腰方形筋をケアする場合

①仰向けになる

②両膝を立てる

③ボールを腰の下に入れる(腰方形筋の真下にボールがくるように)

④右足を左足にかける

⑤そのまま体を右に倒していく

⑥ボールが腰に痛気持ちいい程度圧がかかった位置で1分間その姿勢をキープする

ぜひ試してみてください!

それでは最後までお読み頂きありがとうございました^ ^