まさか!あの筋肉が腰痛の原因だったなんて!?【埼玉-和光-腰の痛み施術-骨盤矯正-整体院 祐】

初めまして!

整体院 祐 代表の藤村です。

埼玉県和光市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院として、筋膜・内臓の施術・骨盤矯正・頭蓋仙骨療法・体質改善などあらゆる施術を駆使して腰痛を改善に導くだけでなく、腰痛の出ない身体をつくることをポリシーとして腰痛治療に特化した整体をしております。また、腰痛だけでなく首・肩こりなどの症状も得意としております。

最近は寒くなってきたせいか腰痛のお客様が増えてきましたね。

そんなお客様の中でも最近特に痛みの原因になっていると感じる部位がありましたのでご紹介させていただこうと思います。

おそらくこの部位が最近の腰痛の原因になっているのは引っ越しや大掃除の時期であることも影響しているのだと思います。

その部位とはズバリ

「小円筋」

という筋肉です。

この筋肉は腰とは全く関係なく、腕の付け根についている筋肉です。

この小円筋は腕をよく使う方やデスクワークの方が特に硬くなりやすく、まさに腕の疲労が蓄積する筋肉です。

筋膜のつながりの中でも小円筋は、深層のバックアームラインというところに位置づけされます。
このラインには小指球筋や前腕の筋間膜、上腕三頭筋が存在するため、ものを握ったり、ものを押したりする時に特に疲労がたまりやすいラインになります。
そしてこの腕の疲労は特に小円筋という肩の付け根の筋肉に蓄積されやすいです。
その理由としては小円筋の周りには大円筋や棘下筋、上腕三頭筋などいくつかの筋肉が密集しているため筋膜の動きが制限されやすいからです。

そして、

実はこの小円筋は首と筋膜のつながりが深く、この筋肉が硬くなることによって首の動きが大きく制限されます。

首の動きが制限されると、ジンクパターンといって腰の動きで代償しようとします。

つまり、

小円筋が硬くなる

首の動きが悪くなる

腰が過剰に動く

ようになります。

これが慢性的になれば徐々に腰への負担が大きくなり腰痛が出てしまいます。

今の時期は大掃除や引越しなどで重いものを移動させたり、掃除機を使ったり、窓拭きなど腕を使う機会が増えるためこの小円筋が腰痛の原因になりやすいのかな?と感じております。

もし最近腕をよく使うことをしていて腰が痛い方はぜひ脇の付け根をマッサージしてみると良いでしょう!

それでもなかなか腰痛が改善されない方はぜひ当院へお越しください^ ^

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^ ^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です