腰が痛くて起き上がれない?その原因は、、【埼玉-和光-腰の痛み施術-骨盤矯正-整体院 祐】

初めまして!

整体院 祐 代表の藤村です。

埼玉県和光市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院として、筋膜・内臓の施術・骨盤矯正・頭蓋仙骨療法・体質改善などあらゆる施術を駆使して腰痛を改善に導くだけでなく、腰痛の出ない身体をつくることをポリシーとして腰痛治療に特化した整体をしております。また、腰痛だけでなく首・肩こりなどの症状も得意としております。

本日はギックリ腰の方で腰が痛くて起き上がれなかった方の腰痛の原因についてかいていこうと思います。

そのお客様は上つう体を起こす時に腰に激痛が走るということで来院されました。

腰痛の原因は、お腹、お尻、首の筋肉にあることが多いので、それぞれの部位を評価していきましたが、どこもその方の腰痛の原因になっていませんでした。

起き上がりをみるとやけに腕を使っているなと感じたため、腕や肩甲骨周りを評価していきました。

するとある筋肉がその方の腰痛の原因であることがわかりました。
その筋肉とはズバリ「小胸筋」です。

小胸筋は肋骨の前面から肩甲骨の烏口突起という部位に付着する筋肉です。

この胸の筋肉は一見腰と全く関係ないように感じるかもしれませんが、

実は小胸筋は首の動きと深く関係しています。

実際に首を横に倒す動きを小胸筋を押さえながらやった時と、押さえずにやった時で動きやすさが違うことがわかると思います。
これは、小胸筋が首の筋肉と筋膜という膜で深くつながっているためです。

もし小胸筋が硬くなってしまうと、首を動かした時に小胸筋の筋膜が動かないため、結果間接的に首の動きは悪くなってしまいます。

首の動きが制限されると腰の動きが過剰になってしまいます。

そして、起き上がる動作は頭を持ち上げる動作なので、首から動くことが非常に多いです。
もし首の動きが悪くなってしまった場合、首ではなく腰から上体を持ち上げるような動きになってしまうため、腰に負担がかかってしまうのです。

まとめると

小胸筋が硬くなる

起き上がる

首の動きが悪い

腰の動きが過剰になる

腰に負担がかかる

腰痛が起こる

このようなメカニズムで腰痛が起きていたのです。

なかなか改善されない腰痛の方は、このような腰とは全く関係ない場所に腰痛の原因が隠れていることが非常に多いです。

もし慢性的に腰痛をお持ちで我慢している方はぜひ当院にお越しいただければと思います。

それでは本日もお読みいただきありがとうございました^ ^

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です