腰が丸くなるのは歳のせいだと思っている人必見!歳のせいではないです!【埼玉-和光-腰の痛み施術-骨盤矯正-整体院 祐】

初めまして!

整体院 祐 代表の藤村です。

埼玉県和光市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院として、筋膜・内臓の施術・骨盤矯正・頭蓋仙骨療法・体質改善などあらゆる施術を駆使して腰痛を改善に導くだけでなく、腰痛の出ない身体をつくることをポリシーとして腰痛治療に特化した整体をしております。また、腰痛だけでなく首・肩こりなどの症状も得意としております。

最近、腰が丸くなってきたから姿勢を良くしたいというお客様が増えてきたので、
高齢の方が腰が丸くなってしまう原因についてかいていこうと思います。

当然腰が丸くなってしまうのは普段の姿勢や体の使い方が大きく影響していると思います。

姿勢が悪かったり体の使い方が悪いと腰椎の椎間板というクッション材のような部位に負担がかかり椎間板がすり減っていってしまうため徐々に身長が低くなり、腰が丸くなってしまいます。

ただ、椎間板がすり減ることで確かに腰が丸くなってしまうのですが、施術をするとある程度姿勢がまっすぐになる方がほとんどです。

その理由は、体を前にかがめる姿勢が普段から多い方は体の前面の筋肉が短く・硬くなりやすく体を伸ばせなくなってしまっているからです。こうなると本来の姿勢以上に腰が丸くみえてしまいます。
実際に筋肉を柔らかくすると姿勢が良くなる方がほとんどです。

しかし、すぐにまたいつもの姿勢に戻ってしまう方が多いです。

それは、筋肉そのものを硬くしているのは実はもっと深層にあるからです。
つまり「内臓」にあります。

内臓と腰椎より前にある筋肉は膜で密接に繋がっています。
もし、筋肉だけ緩めたとしても内臓が硬くなってしまっているだけで膜を介して再び筋肉は硬くなってしまいます。

そのため、根本的に筋肉を柔らかくするためには内臓が柔らかい状態でないといけないのです。

特に姿勢に悪影響を与えている臓器は肝臓・小腸・大腸です。
これらの臓器は負担がかかると硬く・重くなり下垂してきます。
これらの内臓臓器が下垂すると筋肉だけでなくその臓器を支える骨盤にも影響を与えます。

もし姿勢を改善したい方は骨格や筋肉だけでなく内臓の硬さをみる必要がありますよ!

当院では内臓を緩める施術を行っていますので、もし根本的に姿勢を良くしたい方はぜひ当院へお越しください^ ^

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^ ^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です