そもそも腰痛はなぜ起きるのか?【埼玉-和光-腰の痛み施術-骨盤矯正-整体院 祐】

初めまして!

整体院 祐 代表の藤村です。

埼玉県和光市で唯一の「慢性腰痛」専門整体院として、筋膜・内臓の施術・骨盤矯正・頭蓋仙骨療法・体質改善などあらゆる施術を駆使して腰痛を改善に導くだけでなく、腰痛の出ない身体をつくることをポリシーとして腰痛治療に特化した整体をしております。また、腰痛だけでなく首・肩こりなどの症状も得意としております。

本日はそもそも腰痛はなぜ起きるのか?という内容をかいていこうと思います。

みなさん腰痛は何が原因で起こると思いますか?

腰痛が起きる原因は僕が臨床でみてきた中では大きく4つに分類しています。

1 骨格

2 筋肉

3 内臓

4 自律神経

の一つあるいはそれ以上が関係している場合に腰痛は起きます。

一つずつ説明していこうと思います

1 骨格 が原因で起きる腰痛


いわゆる椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、すべり症、圧迫骨折など病院でレントゲンやMRIを撮影することではっきりとわかる骨や軟骨、椎間板などが変形してしまうことで、関節に異常なストレスが加わり、関節内の痛みを感じるセンサーが反応することで腰痛が発生します。

2 筋肉 が原因で起こる腰痛


ある筋肉が凝り固まってしまうことで、筋膜や骨格動きの連動性などを介して過剰なストレスが腰に加わり腰の痛みを感じるセンサーが反応し腰痛が発生します。

3 内臓 が原因で起こる腰痛


内臓も筋肉と膜でつながっているため、内臓に負担がかかることで硬く、重くなり、内臓の位置も偏移します。内臓が偏移することで膜を介して腰に負担が加わり腰の痛みを感じるセンサーが反応し腰痛が発生します。

4 自律神経 が原因で起こる腰痛


自律神経と内臓は密接につながっているため、自律神経の乱れは内臓の働きを悪くします。内臓の働きが悪くなることで内臓の循環が悪くなり内臓由来の腰痛が発生します。

1〜4のどれが最も腰痛に影響しているか?
また、その中でもどの筋肉、内臓臓器が腰痛に影響を与えているのかなども詳細に調べていかないと、やみくもに治療を受けたり、セルフケアしたりしても腰痛は一向に改善されません。

もしどこに行っても腰痛が改善されない場合は治療を受けている部位が腰痛でないのです。

まずはご自身の腰痛が何が原因で起きているかしっかり把握することが大切です。

当院ではお客様の腰痛の原因がどこにあるか徹底的に調べてから施術を行います。

もし、どこに行っても改善されない腰痛をお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひ当院へお越しください。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました^ ^

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です